本命星と相性の良い香り

今日は「香り」で運気アップの効果が高い日です。

九星気学の本命星とアロマオイルの香りを五行
(古代中国を起源とする、万物は「木火土金水」
という5つの要素から成り立つ、という考え方で
す)にあてはめてみました。

お好みの香りをチョイスするのは、もちろん良い
ことですが、ご自身の本命星と相性の良い香りが
本命星の運気の追い風となり、開運速度が早まる
こと間違いなしです。

 

 

 

●○本命星と相性の良いアロマと効果○●

本命性➡
1月1日~2月3日の間に生まれた方の場合、
前の年が本命星になります。
【例】1980年2月3日生まれの方は、
1979年の本命星となります。

 

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

【木】
三碧木星
(S9年戌,S27年辰,S36年丑,S45年戌,
S54年未,S63年辰,H9年丑生まれ)
四緑木星
(S8年酉,S17年午,S26年卯,S35年子,
S44年酉,S53年午,S62年卯,H8年子
生まれ)

 

▣ペパーミント▣

・リフレッシュ効果が高い。
・消化促進や強壮、消毒効果に優れている。
・体を冷やす効果がある。
・室内の嫌なにおいや体臭を消す。
・殺菌、抗菌作用に優れているので、雑菌を抑制
する効果が得られる。
(ペパーミント精油に病原性大腸菌O-157に対し
て強い殺菌力があるそうです)
・朝のバスタイムにバスタブに数滴入れて入浴す
ると、スッキリと目覚めることができる。

 

▣ベルガモット▣

・すがすがしい柑橘系の香り。
(アールグレイ紅茶の香りづけに使われている
精油です)
・不安やうつ、イライラや緊張した気持ちを穏や
かにし、一方、気分を明るく引立て元気づけてく
れる。
・不安定な心のバランスを調整するのに役立つ。
・交感神経系のはたらきを鎮めるため、疲労困憊
している時や、心身の病気の回復期や、長く続く
緊張状態を和らげ、心をあたたかく生き返らせる。
・抵抗力が低下している時に適している。
・泌尿器系に有効にはたらく。
・殺菌力が強く、感染症や炎症の好転に役立つ。
・のどや鼻の細菌の感染症からガードしてくれる。
・食欲不振や消化不良にも役立つ。

 

 

▣グレープフルーツ▣

・ストレス状態の時、沈んだ心をリフレッシュさ
せ、幸福感と自信を与えてくれる。
・便秘に効く。
・「やせる香り」と言われるように、利尿効果や
脂肪の消化を助ける作用などにより、体脂肪によ
る肥満や水分滞留を緩和するはたらきがある。
・血液リンパの流れを良くし、むくみ、セルライ
トの解消に役立つ。
・ジェットラグ(長時間飛行機に乗り続けること
によって起こる特別な疲労)による頭痛や疲労感
を軽減するはたらきがある。
・妊娠中も安心して使える精油。

 

▣オレンジ▣

・花言葉は「花嫁の喜び」で、甘い香りが漂う
清らかな白い花は、花嫁を飾る花であり、繁栄
と多産のシンボルである。
・開放的な気分になる。
・気分を明るくする。
・便秘に効く。
・胃腸のはたらきを高めるので、食欲を高め、
一方、消化不良を防ぐ作用もある。

 

 

 ▣カモミール▣

・妊娠中は避ける。
・キク科アレルギーの方は要注意
・ラベンダーやローズウッド以上に、リラックス
効果が高い。
・過度のプレッシャーによる緊張や不安、自己嫌
悪を緩和し、心身をリラックスさせる。
・不眠にも効果的。
・頭痛や筋肉痛、歯痛、神経痛など、いろいろな
痛みを和らげる。

 

 

 

【火】
九紫火星
(S3年辰,S12年丑,S21年戌,S30年未,
S39年辰,S48年丑,S57年戌,H3年未
生まれの人)

 

▣ローズマリー▣

・若返りのハーブとして有名。
(ハンガリーのエリザベス王妃(当時77歳)が
痛風の痛みに悩んでいた頃、天使が現れて、
ローズマリーを使った化粧水の作り方を教えて
くれて、王妃は若さを取り戻し、ポーランド王
が王妃様の若さと美貌に恋をして結婚した、と
いうお話があるほどです‼)
・目が覚めるような刺激的な香りが特徴。
・脳のはたらきを活性化して、記憶力や集中力
を高めるのに役立つ。
・特にリフレッシュ効果が高い。
(逆に神経が高ぶり、眠りにつけなくなること
があるので、就寝前の使用には向かないことも
ある)
・殺菌、抗菌作用に優れているので、雑菌を抑
制する効果がある。
・妊娠中の方や血圧が高めの方は、量に注意が
必要。

 

 

 ▣パルマローザ▣

・妊娠中は避ける。
・イネ科アレルギーの方は要注意。
・神経系のリラックスに効果がある。
・インドでは、アーユルヴェーダの治療によく
使われている。
・神経質で、周囲の変化に順応できない人に、
臨機応変になる柔軟さを与えてくれる。
・抗うつへの効果が高い。
・ウイルスや細菌から身を守るバリア機能が
高い。
・ぼうこう炎、尿道炎に効果的。
・神経痛、頭痛、坐骨神経痛、リウマチ痛などを
抑える鎮痛作用がある。
・内分泌系、リンパ系にも働きかける。

 

 

▣レモングラス▣

・気分転換(気分を明るくする)
・精油を使ったオイルマッサージは、スポーツに
よる打ち身やあざの解消、立ち仕事の人の脚の
疲労回復に効果がある。
・空気の浄化作用がある。
・胃のはたらきを刺激して、消化を促すので、
夏バテで食欲減退気味の時におススメ。
・消化不良やお腹のガスの排出、貧血予防。
・虫が嫌がるにおいなので、虫よけの効果がある。

 

 

▣イランイラン▣

・リラックス効果が高く、喜びの感情をもたらす。
・ホルモンバランスを整える。
・日々プレッシャーを感じている人や、ストレス
のよる抑うつ状態になりやすい状態の人にリラッ
クス効果をもたらす。
・高くなった血圧を下げる。
・過呼吸や頻脈を落ち着かせる。
・多量に使用すると逆効果になることがあるので
要注意。

 

 

 ▣メリッサ▣

・錬金術師のパラケルススにより「若返りの薬」
と言われている。
・将来への不安や憂うつに効果的。
・感情を抑制し、混乱している心を穏やかにする。
・知性と感情のバランスを整える。
・なかなか行動できない時に、決断を下せるよう
に促してくれる。

 

 

 

【土】
二黒土星
(S10年亥,S19年申,S28年巳,S37年寅,
S46年亥,S55年申,H1年巳,H10年寅
生まれの人)
五黄土星
(S7年申,S16年巳,S25年寅,S34年亥,
S43年申,S52年巳,S61年寅,H7年亥
生まれの人)
八白土星
(S4年巳,S13年寅,S22年亥,S31年申,
S40年巳,S49年寅,S58年亥,H4年申
生まれの人)

 

▣ミルラ▣

・キリスト生誕の時に贈られた3つの捧げものの
1つ。
・無気力な時や、落ち込みの激しい時に心を明る
くし、気分を軽くしてくれる。
・殺菌作用
・消臭作用
・呼吸器系の粘膜過多(咳・痰・鼻水)を抑える。
・口内炎や歯肉炎、歯槽膿漏、口臭に効果がある。
・妊娠中の使用は避ける。

 

▣サンダルウッド(白檀)▣

・緊張と不安を和らげ、リラックス効果が高い。
・おだやかに意欲を高揚させてくれる効果がある。
・自分の感情をうまく表現できない時に、それが
できるような心理的な効果がある。
・過去の出来事(トラウマなど)から解放させて
くれる。
・物事を受け入れることの手助けとなる作用がある。
・生殖器系のトラブルに効果がある。
・呼吸器系の感染症にともなう咳やのどの痛みに
効果がある。
・少量で香りの効果が高いので、使い過ぎないよ
う、要注意。

 

▣マジョラム▣

・ラベンダーやローズウッド以上にリラックス
効果が高く、体が疲れきっている時におススメ。
・深いリラックス効果をもたらす。
・頭痛、不眠症改善に役立つ。
・体内の毒素を排出するので、肝機能向上に
役立つ。
・消化を助けるはたらきがある。

 

▣カルダモン▣

・成功へのモチベーションを上げる作用がある。
・不安や恐れを解消する。
・充足感や豊かさを思い出させる作用がある。
・集中力を高める。
・リラックス効果がある。
・主に胃腸の消化器系に効果があり、消化不良や
腹痛の改善、食欲を増進するなどの効果がある。
・生命力を高める。

 

▣ベンゾイン▣

・和名「安息香」と言い、息を安らかにする香り
で、痰を取り去り、呼吸を楽にする。
・古来より悪霊を追い払う力があるとされて来た。
・安眠効果があり、眠りが浅い方におススメ。
・集中力が必要な時は使用を避ける。
・緊張・ストレスを緩和させる。
・気苦労で消耗しきった心のケアに効果が高い。
・呼吸器系の不調のうち、特に咳、のどの痛み
などの症状を好転させる。
・血行を良くし、身体を温める。
・尿量を増やすはたらきがあり、膀胱炎の回復に
役立つ。

 

 

 

【金】
六白金星
(S4年巳,S15年辰,S24年丑,S33年戌,
S42年未,S51年辰,S60年丑,H6年戌
生まれの人)
七赤金星
(S5年午,S14年卯,S23年子,S32年酉,
S41年午,S50年卯,S59年子
生まれの人)

 

▣ユーカリ▣

・妊娠中や乳幼児への使用は控える。
(ラディアタ種だけは子どもにとっても安全)
・あらゆるハーブの中で最も殺菌力が強いものの
1つ。
・風邪の自然治療に効果が高い。
(抗ウイルス、免疫系の強化、呼吸器系の去痰
作用があるため)

 

▣クラリセージ▣

・妊婦やてんかん症状がある人は使用しないこと。
・クラリセージはオパールになぞらえることがあ
り、この宝石と同じぐらい、エネルギーと霊感の
源とされている。
・強力な鎮静作用があり、強い緊張やパニック状
態をほぐし、とてもリラックスできる。
・幸福感を得られる。
・前向きな気持ちになれる。
・精神的に衰弱していたり、不安やうつ状態の
好転に効果がある。
・精神的な疲労を回復する効果がある。

 

▣サイプレス▣

・ウッディな香り。
・スギ科アレルギーの方は要注意。
・妊娠中の使用は避ける。
・香りの持続が良い。
・鎮静作用があり、怒りや興奮を和らげる。
・気持ちの高揚やイライラを抑える。
・心を閉ざしている障害物を取り除く作用がある。
・心をプラスな状態に導いてくれる。
・発汗多過(特に足の発汗多過)、出血、浮腫、
鼻血に効果がある。
・足のむくみ、だるさ、セルライトに効果がある。
・月経不順、生理痛、更年期の不快な症状などの
生殖器系効果がある。
・古来は子どもの百日咳を治す薬剤の成分として
使用されていたように、喘息や気管支炎などの咳
を和らげるのに効果がある。

 

▣ティートゥリー▣

・強いショックを受けた時に、ショックを和らげ
心を元気にする効果がある。
・リフレッシュ効果がある。
・生理前や更年期のイライラなどの症状を和らげる。
・殺菌作用が非常に強い。
・免疫力を高める。
・白血球を活性化し、身体から毒性と汗を排出さ
せ、病気にかかっている期間を短くするといわれ
ている。

 

▣フランキンセンス▣
(「土」に分類させることもあります)

・ウッディで、かすかにレモンのような香りがする。
・キリスト生誕の時に贈られた3つの捧げものの1つ。
・古代は、悪霊が憑りついて病気をひきおこすと
考えられていたので、悪霊を祓うのに用いられて
いた香りです。
・心を安らかにし、平穏に導く。
・過去の出来事にとらわれてクヨクヨしている時
や、仕事や試験前にプレッシャーで極度に緊張し
ている心理状態をときほぐす。
・不安や強迫観念を取り除く。
・粘膜への効果が高い。
・風邪の症状を緩和する。
(特に鼻水・咳・のどの炎症)
・産後のマタニティブルーに効果がある。

 

 

【水】
一白水星
(S2年卯,S11年子,S20年酉,S38年卯,
S47年子,S56年酉,H2年午
生まれの人)

 

▣ジュニパー ▣

・紀元前1550年頃の古代エジプトのパピルス
に薬としての処方が書き残されているぐらい
古いハーブ。
・古来より魔除けとして使われてきた。
・空気清浄。
・関節炎に効果がある。
・汗や尿の分泌を促し、老廃物の排出に役立つ。
・むくみや水太りの解消に効果がある。

 

▣ゼラニウム▣

・古来は悪霊除けになるとされ、家の周りに
たくさん植えられていた。
・心の強壮剤としての効果がある。
・ストレスを減少させる。
・不安や心の動揺を鎮め、気持ちを明るく高めて
心のバランスを整える。
・生理前や更年期のイライラなどの症状に効果が
ある。
・蚊の忌避効果がある。
・防虫効果がある。

 

▣シダーウッド▣

・妊娠中の使用は絶対厳禁。
・森林系の香り。
・不安や心配事で緊張している神経を鎮める。
・困難な出来事や迷いで崩れそうになっている心
をもとに戻る道に導き、支えてくれる。
・怒りや攻撃的な言動や感情を鎮める。
・呼吸器系に効果がある。
・泌尿器系にはたらきかけ、膀胱炎などの痛みの
緩和や好転の効果がある。
・腎臓の強壮効果がある。

 

▣ローズウッド▣

・精神的に疲れすぎた時、気分がめいった時に
気持ちを元気づけて明るくする効果がある。
・精神的に元気づけても、高揚し過ぎることはない。
・問だいを抱え込み過ぎている人に非常に有効な
ハーブ。
・慢性的な病気で免疫力が弱っている時に、免疫
力を高める効果がある。
・感染症を緩和する効果がある。
・頭部に対して効果的にはたらくので、頭をスッ
キリさせ、吐き気がするほどの頭痛を和らげる。
・ジェットラグ(ジェット機に長時間乗っている
ために起こる心身の特別な疲労)を軽減する効果
がある。

 

▣タイム▣
(「金」に分類されることもあります)

・自身のなさ、悲観主義、引っ込み思案や失望感
をなくす。
・士気を高める。
・呼吸器系の不調の改善に効果がある。
・食欲増進や胃腸炎に効果がある。
・抗感染作用に優れていて、膀胱炎などの泌尿器
系、生殖器系の感染症に効果がある。
・心臓の心拍を強めるので、血行を促進し、貧血
にも効果がある。

 

 

いかがでしたか?
ふだんお使いの香りや、お気に入りの香りは
ご自分の本命星にありましたか?
他の人の本命星の香りであっても、気になる香りは
もちろん、お試になってみてください(*^▽^*)

 

 

後になりましたが、ここからは
今日の開運アイテムです。

開運フード

ロールキャベツ
白身魚
シュークリーム

 

開運ファッション

花柄

 

開運カラー


シルバー