災難を避ける方法

今日は、災難除けに効果が高い日です。

悪い癖や習慣・考え方が、後天的に身に付いたもので、
「自ら生み出す負のエネルギー」であるのに対して、
災難は「外からもたらされる負のエネルギー」
と言うことができます。

災難は、
「正負のバランスの取れたもの」で跳ね返すことができます。

おまじないや、簡単に手に入る雑貨や香りで、
災難をこうむることがないようにして、
災難を避けて通りましょう。

「災難除けのアイテム」

【おまじない】

いつも、ある特定の人物に災難に遭わされる場合、
その人の名前を白い紙に書き、名前が分からなくなるまで
細かく破り、白い紙に包んで、家から見て北東方位
捨ててください。
その人からの災難に遭わなくなります。

いつも同じような災難に遭う場合、
香水やボディソープ、シャンプー・トリートメントなど、
使っている香りを変えましょう。

そこで転んで大ケガをしたとか、
ある場所で災難に遭ったことが忘れられない場合、
その場所に行って、3回ジャンプしてください。
その場所との縁が切れます。

「災難除けのアイテム」2

【インテリア】

玄関サボテンを置いたら、災難除けになります。
玄関象の置き物を置いておくと、災難除けになります。
職場のデスクの上サボテンを置いたら、災難除けになります。
職場のデスクの上オンドリの置き物を置いたら、災難除けになります。
象のキャラクター事務用品を使うと、災難除けになります。

 「災難除けのアイテム」3

【香り】

五行の[木火土金水]に置き換えて、お誕生日の本命星と
相性の良い香りが災難除けに効果的です。
香り選びに迷った時に、ご利用ください(#^.^#)

++++++++++++++++++++

●木●
碧木星(S9年,S18年,S27年,S36年,S45年,
S54年,S63年,H9年生まれの人)
四緑木星(S8年,S17年,S26年,S35年,S44年,
S53年,S62年,H8年生まれの人)

{ローマンカモミール}
妊娠中のご利用は避けてください。

甘く、ほのかにフルーティな、りんごのような香りです。
古代エジプトでは、太陽神に祈りを捧げる時に用いられました。

 ++++++++++++++++++++

●火●
九紫火星
(S3年,S12年,S21年,S30年,S39年,S48年,
S57年,H3年生まれの人)

{メリッサ}
妊娠中、授乳中のご利用は避けてください。
乳児の方、前立腺肥大、緑内障の症状のある方は、
ご利用は避けてください。
ほんのり甘いシトラスの香りです。
気の滞りを解消すると言われています。

 ++++++++++++++++++++

●土●
二黒土星
(S10年,S19年,S28年,S37年,S46年,S55年,
H1年,H10年生まれの人)

{サンダルウッド}
何千年も前からインドや中国では、
宗教儀式に欠かせない香りとして使われていました。
異性にアピールする香りとも言われています。

{マジョラム}
愛と美の女神ヴィーナスが海の水から作り、
太陽の光をいっぱい浴びて育つように、
いちばん高い山に植えたと伝えられていて、
古代ギリシア人にとって、
幸せを象徴するハーブでした。
魂に平安をもたらすとも言われています。

 

●五黄土星●
(S7年,S16年,S25年,S34年,S43年,S52年,
S61年,H7年生まれの人)

{パチュリー}
オリエンタルな香りです。
仏教では、白檀や沈香と並ぶ大切な香りで、
仏典にも出てきます。
古代インドでは、パチュリーの葉を浸した水で、
身を清めていたそうです。

 

●八白土星●
(S4年,S13年,S22年,S31年,S40年,S49年,
S58年,H4年生まれの人)

{カルダモン}
スパイシーで、甘さもある香りです。
古代インドで使われ、紀元前4世紀にヨーロッパに伝わった、
歴史のあるハーブです。

 ++++++++++++++++++++

【金】
●六白金星●
(S6年,S15年,S24年,S33年,S42年,S51年,
S60年,H6年生まれの人)

{サイプレス}
ウッディな香りです。
キプロス島の人々は、サイプレスをベロートという女神の化身、
象徴として崇拝していました。
古代ギリシア人やローマ人は、神聖な力が宿る木と信じていました。

 

●七赤金星●
(S5年,S14年,S23年,S32年,S41年,S50年,
S59年,H5年生まれの人)

{クラリセージ}
エネルギーと霊感の源とされています。
クラリセージのクラリーとは、ラテン語の「クラリス(清浄な)」
に由来しています。

++++++++++++++++++++

【水】
●一白水星●
(S11年,S20年,S29年,S38年,S47年,S56年,
H2年,H11年生まれの人)

{ジュニパー}
古代から宗教的な清めの力を持つと信じられていました。
古代ギリシアでは果実を燃やし、葬式の時の悪魔除けとしていました。
イタリアでは、魔女除けのお守りとされていました。

{シダーウッド}
旧約聖書の頃は、レバノンの標高1,200~1,800メートルぐらの
山の斜面に生育していて、山岳地帯はシダーウッドの森でおおわれていて、
人々はこの森を聖なる森として、自らを癒し、
なぐさめを求めて集まったそうです。
神によって洪水から救われた、ノアの箱舟のノアは、
シダーウッドとミルラを燃やして、神々への感謝を表した、
とギルガメシュ叙事詩に書かれています。

「災難除けのアイテム」4

ここからは、今日の開運アイテムです。

 

開運フード

サンドイッチ
パンケーキ

 ++++++++++++++++++++

開運ファッション

ひも靴

++++++++++++++++++++

開運カラー

茶色

 

 

2015年5月14日 | カテゴリー : 災難除け, 香り | 投稿者 : メール占いゴールドデイジー